• ホーム
  • 毛穴詰まりを解消するアダフェリンとニキビ治療薬を併用した時に得られる効果とは

毛穴詰まりを解消するアダフェリンとニキビ治療薬を併用した時に得られる効果とは

2020年05月27日

毛穴詰まりを解消する効果があるアダフェリンは、ニキビ治療薬としても用いられることが多いです。ゲルタイプのテクスチャーで、国内では皮膚科の医師も推奨している効果が高い薬になります。これによりニキビ治療をするために皮膚科へ行くと、医師から処方されることが多いニキビ治療薬の一つです。アダフェリンは知名度や安全性が高い薬で知られていますが、有効成分はアダバレンで毛穴に溜まった皮脂により、アクネ菌が急増し炎症をする働きを阻止します。これによりニキビができにくい肌質になりますし、初期段階では特にニキビ治療薬としての効果が高いです。

角栓を取る効果もありニキビ治療や予防などの意味合いも含めて、よく併用されるニキビ治療薬になります。ピーリング作用もあるので角質が硬く厚くなり、皮脂がたまりやすくなる状態を防ぐことができます。一般的なニキビ治療薬と比較しても、アダフェリンのようにできてしまったニキビの炎症を抑制したり、アクネ菌の増殖を抑えても完全にニキビをできにくくする働きはありませんでした。アダフェリンは毛穴に詰まっている汚れや角栓などの排出を、根本的にサポートして行くので新しい処方のニキビ治療薬として取り扱われています。使用するタイミングは寝る前で、夜洗顔した後のお手入れで使うと効果的です。

ニキビができてしまった肌を洗顔した後に、低刺激の保湿剤で肌にうるおいをしっかりと与えます。その後にニキビやその周辺へアダフェリンを、薄めに適量塗ることがポイントです。刺激の少ない化粧水であらかじめ肌を整えておくことで、アダフェリンの使用による副作用を減らすことができます。また背中や頭などにできたニキビは使用不可となっていて、使用できるのは顔にできたニキビのみです。1日1回を目安にして12ヶ月間最長で使用することができ、それ以降は継続を一時的に休止します。

アダフェリンとニキビ治療薬を併用した時に出る効果は、皮膚が乾燥したり、ピリピリとした刺激感を得ることがあります。ピーリング作用によることで、この症状が起きてしまっても軽度で済むので心配する必要がないです。症状が強く出る場合は使用をやめ、専門医へ相談することができます。肌に炎症を起こしている時は、概要抗菌薬を処方してもらい併用すればさらに効果が作用します。夜のお手入れで低刺激の化粧水で肌を整えた後、アダフェリンを用いた時は概要抗菌薬を併用することができます。